スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | この記事のURL |
Entry:;main;<< >>
切れ長のアイメイクしませんか?

二重のアイメイクと目元のくま対策で大人誕生。自分の一重まぶたが嫌いだ、というう方。
こういう方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。
雑誌などに登場するアイメイクのモデルさんは二重まぶたの人が多いので、ほとんど参考にならない、とも思っている方もおられるかもしれませんね。外国ではアーモンドアイといわれて、神秘的な目として扱われる一重まぶたなのでできるだけその切れ長でクールな印象を際立たせるのがいいのではないでしょうか?

今回は、シャープな感じが「デキる女」を演出する、一重をいかした切れ長なアイメイクの方法をご紹介します思いきって、アイメイクで「クールビューティー」をめざしてみましょう。
また、見落としがちなのが、アイラインの重要性ですね。アイラインを入れると入れないとでは、目もとの印象が大きく変わってきますよね。一重まぶたの女性でありがちなパターンは、あまりアイラインが目立たないということもあって、どうしてもアイラインを軽視してることなんですよね。

アイラインはリキッドアイライナーを使ってラインを長めに、目尻をはね上げるようにして描くと切れ目の印象がうまくでて効果的です。アイラインは太めにするのがポイントです。アイシャドウも目尻側を強調します。気になる色ですが、基本はスッキリした寒色系で。寒色系を2色グラデーションさせて立体的にするのもおすすめです。気を付けたいところとしては、暖色を使うと、まぶたが腫れぼったくなること。この点には注意が必要ですね。初心者さんには、ちょっと難しいかもしれません。

まつげも重要なポイントとなるかもしれません。
一重まぶたの方の場合、まつげが下に向かって生えているので、しっかりとビューラーをしなければなりません。ビューラーがも苦手な人はまつげパーマがオススメです。
今なら3000円ほどの施術で2ヶ月もちます。また、まつげにボリュームや長さがもっと欲しいという人は、つけまつげもいいですよ。というわけで、切れ長アイメイク方法についてまとめてみました。


| 一重メイク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事のURL |
スポンサーサイト
| - | - | - | この記事のURL |
Comment








Trackback